ロシアで暮らすことになったハリネズミ
ノン・フィクション冒険日記です
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

いざ出陣

いよいよ出国の時がやってきました。
今まで応援してくださった皆様、本当にありがとうございます!!

ちょうど一年くらい前に生きたコオロギをシナモンに与えたら
コオロギを追いかけるどころか、逆にシナモンが追いかけまわされて
私に助けを求めたことがあり、その時から
「この子は私が守る!」と思ってやってきました。
これからも変わらぬ想いで育てていきたいと思います(・∀・)

願うことは
無事に通関切れますように…
ヨツユビハリネズミが外来生物に指定されませんように・・・

無宗教ですが、神頼みしたいと思います。

少し日にちがかかると思いますが、現地のネット環境が整い次第
動物検疫所のこと、フライトのこと、通関のこと、シナモンのパスポートのことなどなど
順にアップしていこうと思います。




無事たどり着けますように…
いってきまーす(^∀^)



にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

変わらぬ寝顔で。

可憐な感じのシナモンですが



寝相は結構大胆です(ちなみに爆睡中)




顔が出ていても、気にせず寝続けます





そして、夢を見ているのか、口をモグモグさせるときがあり・・・

あっ笑ってる どんな夢をみてるのかな




モスクワに行っても、同じように可愛い寝顔みせてね









にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

シナモンは主食がコオロギ、補食がハリネズミフード
そして週に2回、ウズラのヒナを食べます
(ウズラのヒナは獣医のおススメ品)

さて、向こう行ったらどうしようかな・・・


サイトを見ていたら
ウクライナ産の乾燥コオロギを販売している業者を発見

ウクライナかぁ。。。
そうね、あっち側は畑が多いもんね。
ただ、乾燥って栄養面どうなんだろう


日本で売ってる缶詰コオロギ生タイプを与えてみたら
どうやらお口に合わないらしい。


おぬし、グ…グルメだな


いつも買ってるコオロギが美味しいみたいだし、
そこはフタホシコオロギの羽無を注文できるし、
それに冷凍してるからコオロギの足、もぎ取りやすいんだよね〜


そこで、お店に賞味期限を問い合わせたら
「冷凍だったら3か月って言うけど、ホントは6カ月くらいイケますよ」

なにっ その3か月は結構大きいぞっっ


「袋に入れて3日くらい生きてますし、海外ついてから冷凍されますか?」


・・・それ、まずくね?虫、生きたまま持って行っていいの?
スーツケースの中でピョンピョン飛び跳ねてたら、X線の検査官がビックリだし〜


とりあえず冷凍コオロギ1キロ注文。
真空パックして持っていこうと思います

1キロのコオロギ
死んでるとはいえ、ちょっとゾッとするな



にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
寄生虫検査

検疫所に寄生虫検査が必要になったと伝えたら

何回検査するのか
ぜん虫のなんという種類を調べるのか
出国何日前で検査するのか
検査方法はどのようにするのか

いろいろ突っ込まれた。


し、しらないよ〜



再度ロシアに電話してみるけど、
ぜん虫検査の事を教えてくれたおじさんが捕まらず、
ほかの人じゃわかんないみたいで・・・
えーんおじさ〜ん、お願い出てきてぇぇぇぇぇぇ


結局おじさんは捕まらず、そしていったい誰なのかもわからず
検疫の方が「じゃ一般的な書き方で、寄生虫はいないって書きましょう」
と、柔軟に対応してくれて助かった


順調に進んでいってるし、いよいよ大詰めだね。
しーちゃん心の準備はいいかい



氣志團っすかっっ!!!!!
てか、古っっ





にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
なぞの答え

ロシア語でハリネズミは「ヨーシュ」と言います

これが原型で、例えば「ハリネズミちゃん」と言いたいときは「ヨージック」

「ハリネズミを見た」のハリネズミは「イジャ」

「ハリネズミと遊ぶ」のハリネズミは「ス イジム」

日本語や英語と違って単語自体が変化をして文章を作ります

それがロシア語の難しさであり、面白さでもあります


そしてそして意味不明、摩訶不思議な単語の原型を突き止めました

原型 = ゲリミント

日本語に訳すと寄生虫でした。(気持ち下痢っぽいよね)
それもぜん虫という種類を指すようで、
とりあえずそれを顕微鏡でチェックしてくれよ!とのことでした。


っていうか、辞書作った方々はホントすごい
この辞書のおかげで今はなんでもわかるからね。


あースッキリした






にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

保管方法
厚生労働省の検疫窓口の方に
「自宅保管が認められなくても連れて帰りたいときはどうしたらいいのか」
と、半分脅しのようなヤクザ的な質問をぶつけたら

「出国予定日からさかのぼって過去6ヶ月間、
狂犬病が発生していない検疫所内で保管されていたら
衛生条件を満たすことになります。」
と、なんだか抜け道のような事を教えてもらった

・・・なるほど
日本への帰国準備は最低でも出国6か月前には始めてください
と、いわれる所以がここにあったのかと納得


6カ月かぁ。長いなぁ。毎日お見舞い行く気分だな


帰国はまだ未定だけど(…っていうか、まだ出国してないし)
ロシアが定める保管方法が知りたいっっ

てなわけで、問い合わせてみたら
「保管?自宅でもいいんじゃない?」
みたいな、いつものように適当な返事が返ってきた

もぉ〜こっちは真面目に聞いてるのに。
ハリネズミはペットじゃないってバカにしてー

「それよりも日本で”ゲルデェーニク”の検査受けてくださいよ、
それがないと帰国は許可できないですよ。」

と言われた。


・・・え?何?
ちょっとサラッとそんな重大なこと言わないでよ
しかもゲルデェーニクってなんだよ、
おじちゃん、そんな単語、辞書載ってないんスけど・・・



あぁぁぁぁぁぁぁー





にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
衛生条件

帰国に関して行うことは明白だけど、
なんだかちょっとややこしそう

一番ネックになるのは衛生証明書
コレさえ発行されれば入国ができるとまで言われた大切なもの。

では証明書を発行するための衛生条件とは

ゞ幻ど造離錺チンを打っていること
⊇亶馥からさかのぼって過去12カ月狂犬病にかかっていない、
  または狂犬病にかかった動物と接触していないこと


この条件でむずかしいところは
12か月間、狂犬病にかかっていないことを証明する方法。

毎月病院に通って狂犬病検査証明書を提出しなきゃいけないのかな?
なんて思ってたら、
もっと根本的なところで判断するらしい・・・

つまり、どこで保管していたか(飼い主的には飼育といいたいんだけどな)
衛生条件をクリアするための保管方法を各国で定めているらしい

国によっては自宅保管が認められたり、認められなかったり、
一切触れることができないような檻の中で飼育しなくちゃいけないとか・・・


ちょーっとコレは厄介だぞ
自宅保管が認められなかったら連れてく意味ないじゃん

あーあロシアどうかなぁ。。。



にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
帰国について
帰国の手続きについて予め調べておこうと思い動物検疫所の方に尋ねたら、
「輸入は厚生労働省の管轄なんですよ〜」と言われた。

へぇー、輸出と輸入で日本も異なってるんだ
それってロシアと一緒じゃーん

※ちなみ輸出は農林水産省管轄の動物検疫所


厚生労働省の動物検疫所で言われたことは
.蹈轡△捻卆絃斂製颪鯣行
△修譴FAXか郵送で輸入許可依頼書と一緒に送付

以上。


え?なに?なんか超簡単じゃね

帰りはなんだかすんなりイケそうだね






にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
対立の行方
「検疫を受けるために依頼書が必要」という日本
「そんなの今まで発行したことない」と反論するロシア

「なんの検査をすればいいのか書面でほしい」という日本
「書面じゃなくても口頭で説明してるでしょ」と反論するロシア


通訳という形で間に入って橋渡しをしている私は・・・私は・・・

ただシナモンを連れていきたいだけなんですぅぅぅぅぅ




その後やりとりの結果・・・
書面なしで検疫を引き受けてくださることになりました

やったー
日本の人やさしい。日本最高
もう、ロシアは変なとこで頑固さ発揮するんだから〜



ただ、検疫を受けるには誓約書を提出するよう言われました。
誓約事項は3つ

1. ロシア側の輸入条件については自身の責任に基づいて確認し、
    入国要件については完備している

2.出発後の証明書の追加・再発行は行わないことを承知の上輸出し、
   一切の責任は輸出者が負う

3.万が一、ロシアへ持ち込むことができなくても日本に返送しない


3番目がドキッとする内容・・・
ロシアに入れない、日本に戻せないってなったら
死なせてしまうってことだもんね


あー!!ダメダメ、考えただけで涙が出ちゃう
徹底的に調べなきゃ
ロシアへの道は近いようでまだまだ遠いよ



にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
指定病院とは

動物検疫所が指定する病院はあるのか尋ねたら
「そういうところはないので、検疫所になりますね
と言われてしまった

やっぱりかぁ・・・


検査するのにロシアの依頼書がなぜ必要かというと
検疫を行わない動物だから、
どういう検査をしたらいいのかわからない

ということらしい。


・・・あぁ、納得


そうだよね、検疫所でも
ハリネズミをネズミの仲間だと思ってた方がいたし
何の検査すればいいかわかんないのも当たり前だよね〜

書類・・・出してくれるかなぁ

シナモン寝顔

シナモンの「マイナスイオン放出寝顔」で
国境顔パスできたらいいのになぁ




にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村