ロシアで暮らすことになったハリネズミ
ノン・フィクション冒険日記です
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

入国

ヘルシンキ乗り継ぎの際に行う手荷物検査。
東京ではケージに入れたままだったけど
ここではシナモンとケージは別々で検査。

シナモンをケージから出したとき、
『わぁ〜かわいい』 と、周りから黄色い歓声が
シナモンも丸くならずに、フフンそうでしょ?と誇らしげ

その後モスクワ行きに乗り込み一路ロシアへ。

計13時間の長旅。
シナモンよくがんばったね
さぁ、あとは最後の難関、動物検疫所に行くよ


動物検疫所はターミナルの5階に事務所があるけど
入国の検査をしてもらうのは獣医がいる獣医局。
空港職員に獣医局の場所を尋ねても、
『空港内にあるはずだけど、どこかわかんないなぁ』
なんて言われながら(てか、職員なのにありえないしっっ)
彷徨うこと40分

やっとたどり着き、輸入許可書と日本の検疫証明書を提出
その書類をもとにロシア側の検疫証明書を作成してもらい終了。

おわったよー
シナモンが無事でホントによかった
外は寒いから真綿に包まってお家帰ろうね





「ちょっとー寝るんだから起こさないでよ〜」



あ、ごめんね。
でもしーちゃん、時差があるからまだ夜なんだよ。




「えっ!そうなの?じゃぁ、回し車まわさないとっっ」







にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

機内

手荷物はX線で、シナモンは探知機を使ってそれぞれチェック。
その後すぐに搭乗口へ。
どうやらペット連れ客は優先的に中に入れてくれるらしい

最後尾ときいてた座席だけど、正確には後ろから3列目。
ペット用に座席の下が広くなってた。

フライト中、シナモン寒くないかなぁ?と思って
寝袋やら真綿の布団やらケージの中に入れていたけど
実際は息苦しかったらしい
入り口すぐのところで足を伸ばして寝てました

フィンランド航空のCAはすごく優しい方たちばかりで、
水を配りに来た方が『ハリネズミ大丈夫?』って声をかけてくれたり、
『EU圏にいくならハリネズミの入国は難しいって機長が心配してるんだけど』
と、大物までもがシナモンのことを気にしてくれて・・・
『モスクワまで』っていうと、
『フィンランドからモスクワは近いから良かった』

・・・て、そんなことまで心配してくれてなんて良い航空会社なんだ
機内食も美味しかったし、オンデマンドで映画見れたし、
ちょっとフィンランド航空のファンになりそう




にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

無事入国
今日のモスクワはマイナス14度。
だけど日差しが春の陽気なので比較的過ごしやすいです(・∀・)

モスクワについてから週末はIKEA三昧で生活用品を買いあさり
やっと普通に生活できるお家になりました。
シナモンも新しい環境にだいぶ慣れてくれたのでホッと一安心。


さてさて、少しさかのぼりますが
検疫証明書をもらうために成田空港の動物検疫所に行きました。
場所は出国階のトイレの横、警備員のおっちゃんが立ってるトコが入り口。
そこから関係者通路を通って動物検疫所へ。

獣医が検査するのかな〜?
と思っていたら、普通に検疫所職員が検査。

検査といっても丸くなってるシナモンを手にとって見るだけ・・・
麻酔して検査するのかな?と思っていただけに
えー!?それだけ????と、ビックリしてしまいました。

証明書発行も含め所要時間は30分足らず
オリジナルとコピーをもらって終了。

そしてフィンランド航空の搭乗手続きへ
シナモンの航空運賃は100ユーロ

ここから先はシナモンの様子がわからないから
何かあったら大声だすんだよ!!!!
と約束を交わし、荷物検査へ進みました(・∀・)б




にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村