ロシアで暮らすことになったハリネズミ
ノン・フィクション冒険日記です
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 異変 | main | お断り >>
異変翌日
7月10日水曜、異変の翌日 
コオロギもふやかしたフードもいらないと言う。 
おかしい。確実におかしい。 
もしかしたら夜中に食べるかもしれないから餌を置いて寝た。


7月11日木曜、異変から2日目
朝起きて見たら餌がそのまま残っている。一つも口にしていない。水は少し飲んだみたい。
急いで近辺の病院を探す。
以前、目を付けていた病院は潰れてしまったので一から探さないといけない。
我が家の近くに3件動物病院があった。
問い合わせてみたがハリネズミは診れないと断られた。
誰か診れる人を紹介してほしいと懇願したが無理であった。
どうやら医師の経験値を高めるため「診てみましょうか」などと気軽に言わないようだ。
「診たことないから出来ない」ときっぱり断る。ある意味、正直者だ。
シナモンの体をチェックしている最中、おしっこをした。
いつも決められた場所でしかしないのだが。 
ティッシュでふきとる時、言葉を失った。黄色ではなく緑色だったのだ。
糞は固形で黒い色をしていたから、決して下痢ではない。尿が緑色なのだ。
ネットで調べてもそういった事例は出てこない。
ただひとつ、
癌などの病気にかかって投薬や手術の処置を受けた子で長生きしている子が見当たらない。
もう、病院を探すのはやめようとおもった。


7月12日金曜、異変から3日目
今日はコオロギを3匹食べ、ふやかしたキャットフードの水分を飲んだ。
糞あり(固形、黒色)尿は緑色。 トイレまで行けず、そのまま垂れ流したようだ。
体が汚れたので水で洗う。すると心臓の上あたりに大きな出来物を見つけた。 
ニキビのように赤く、芯?のような白いものが真ん中にある。
それ以外は右のわき腹に小さな赤い発疹のようなものがあった。


7月13日土曜、異変から4日目
排泄物で体が汚れたから水で洗う。尿は昨日より濃い緑になっている。 
後ろ足に新たな出来物があった。これは歩きにくそうだ。 
出来物ができたことでダニを疑ったが、針が抜けていないし痒がっている様子もフケもない。 
尿の色からして腎炎なのか。尿路に何か問題が起きたのは間違いなさそうだ。 
ネットで調べると、哺乳類が緑色の尿を出す原因として考えられるのは 
緑膿菌性つまり大腸菌の可能性が高いらしい。 
最近なにか変わったことがなかったかと頭をフル回転させて考えると
 ・・・あった。キャットフードを新しいものに替えていた。 
いつも買っているやつが売っていなくて、違うものを買ったんだ。 
高級スーパーに置いてあり、そしていつもより高いからきっといいヤツだろうと安易に選んだ。 
コレが原因なのではないだろうか。 
調べるとアメリカやカナダでキャットフードに大腸菌が付着している可能性があり自主回収しているとあった。 
可能性として、なくはない。 
そういえば夜中にやたらシナモンが鳴いてるな〜と思う日があったが、 
あれは新しいキャットフードにしてから鳴き始めたんじゃないだろうか。 
もちろんコオロギからの感染も否定できないが、キャットフードをあげるのはもうやめようと思う。 
シナモンが小さいころに一緒に聞いていたオルゴールのCDを流すと嬉しそうに布団から出てきた。 
その歩き方は、これまでに見たことがない歩き方だった。




スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ruskishinamon.jugem.jp/trackback/57
TRACKBACK