ロシアで暮らすことになったハリネズミ
ノン・フィクション冒険日記です
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 異変翌日 | main | 5日目 >>
お断り
このブログはシナモンの症状を書いていきますが写真を掲載する予定はありません。
苦しんでいるシナモンをネット上に晒すことができないからです。
ではなぜブログを書いているのか、と不愉快に思う方もいらっしゃるかもしれません。
矛盾してます。大いに矛盾してるのはわかってます。
でも、私のこの胸の内を明かす場がここしかないのです。
四六時中シナモンのそばに居たいけど、それは叶わぬ願いであり、
実はこのまま自然治癒で病気を治せるんじゃないかと思う一方で、
体力が落ち、骨と皮だけでなんとか生きているシナモンを見ると絶望に陥る。
毎日涙が止まらない。


シナモンは一般的なハリネズミより犬の体質に近い。
まず、家に帰ると寝床から出てきて挨拶をしてくれる。
そのあとケージから出すのだが、いつも私の後を追いまわしていた。
キッチンに立っていると必ず足元にシナモンがいた。
テレビを見るとき、パソコンに向かっているとき、いつもシナモンが私の膝の上にいた。
今も家に帰るとシナモンが寝床から顔を出す。
もうまともに歩く体力もないのに頑張って顔を出してくれる。
その後一通り用事を済ませてシナモンを抱っこする。
今日が最期なんじゃないかと、毎日そう思いながら夜を過ごす。
寝れない。シナモンの最後を見届けたいと強く願うからこそなかなか眠れない。



これからこの先、シナモンの闘病生活をつづるブログではなく、
死期を待つブログになります。





スポンサーサイト
ご無沙汰しております、ニコです。
3年位前に何度かコメント入れていた者ですが
覚えていられるでしょうか?
久しぶりに拝見したらすごくショックな記事で
シナモンちゃんのこと残念です。
辛いと思いますがミカたんさんもシナモンちゃんの
お世話頑張ってください。
これぐらいの事しか書けず本当に残念です。

ヨツユビハリネズミも特定外来種に指定されたの
ですね。全然知りませんでした。
ニコ | 2013/07/20 07:51
再びニコです。
特定外来生物の事少し調べてみたのですが
ヨツユビハリネズミが属している
アフリカハリネズミ属は未判定外来生物に
指定されていましたが、ヨツユビハリネズミは
除くとなっていました。
この未判定外来生物は輸入の際に担当大臣に
届け出の必要があるそうです。
輸入の際も輸出元国の種類名証明書が
必要みたいです。
ニコ | 2013/07/20 08:35
ニコさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

ご指摘いただいた輸入方法は出国前に調べていたものと同じです。
この方法で連れて帰るつもりでした。
それが特定外来生物ヨツユビハリネズミと書かれたポスターが成田空港に貼り出されていたのです。
ハリネズミの写真はシナモンそっくりでした(←親バカ発揮)
ナミハリネズミの間違いじゃないかと思いましたが
大々的に告知するポスターを間違うのか、
お国の機関がこんな凡ミスをするのかと不思議でいっぱい。
HPは2011年のもので最新の情報じゃないし(どうして更新しないのか謎)
本当に指定されたなら飼育許可を取らなきゃいけないし、
あぁ、どうしよう。確認の電話をしなきゃ
と思いながら時間が過ぎ現在に至ります。
今となっては…なのですが
ニコさん、どうも、応援ありがとうございます。
ミカたん | 2013/07/20 13:11
COMMENT









Trackback URL
http://ruskishinamon.jugem.jp/trackback/58
TRACKBACK