ロシアで暮らすことになったハリネズミ
ノン・フィクション冒険日記です
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< お断り | main | 7月18日木曜日 >>
5日目
7月14日日曜、異変から5日目

朝、シナモンと呼ぶと反応する。
コオロギ一匹を口元に持っていくと食べようとするがうまく飲み込めないようだ。
歯を確認する。特に異常は見当たらず以前と同じきれいな歯だ。
体が汚れていたのできれいにする。
出来物が左前脚付け根、しっぽのあたり、右前脚関節あたりに新しくできている。
増えるスピードが速い。これはリンパ系腫瘍だろうか。
内臓あたりに腫れは見当たらない。
夜、体が汚れていたのでまたきれいにする。さらに出来物は増えていた。
その後コオロギを一匹食べる。二匹目はいらないと吐き出し、床にふせた。



7月15日月曜、異変から6日目

朝、体が汚れていたのできれいにする。また出来物が増えていた。
体のラインに沿って出来物ができる。
ひとつだけのもの、連なって塊になっているもの様々だ。
喉のあたりにニキビのような小さな小さな赤い出来物があった。
ついにここまできたのか。まだ頭は侵さないでほしいと願う。
心臓の上あたりにある一番大きい出来物が少し変わった。
ニキビの白い芯が出ていたところが今は黒い色になっている。
抱き上げると昨日よりも軽い。体力が落ちている様子が手にとってわかる。
体内の青緑色が少し減った気がするが気のせいだろうか。
自然治癒していると思いたい。




7月16日火曜、異変から7日目

朝、体をきれいにする。また出来物が増えている。
今度は右脇腹の針と白い毛の境目に大きなものが3つ。
臓器のあたりだけが青緑色だったのに、今朝は顔や顎、全体に広がっている。
死期が迫っている。
だけど、コオロギ1匹食べてくれてホッとする。
尿の中に血?がまじっているのか。
排泄したところ(尿・糞)に薄いピンク色がついている気がした。



7月17日水曜、 異変から8日目

もう目に力がない。
時々寝返りを打ち、時々場所を移動する。
後ろ足はほとんど機能しておらず、体をずりながら動く。
もしかして足が壊死しているんじゃないかと思いさわったら
まだ温かくて安心する。
そして今朝のおしっこは黄色に近い、黄緑色だった!!!!!!

夜、餌を口にしようとしない。
そして、薄い色で確信が持てないが糞に血が混じっているようだ。




スポンサーサイト
こんにちは、ニコです。
先日のヨツユビハリネズミの特定外来生物への
指定の件調べてみました。

環境省の外来生物対策室に電話で確認した
ところ特定外来生物には指定はされていないとのこと。
指定された動植物が出ればその都度HPは更新
するとのことでした。

成田空港のポスターについては成田自然保護官
事務所に電話してみて訊いてみました。
その場ではその様なポスターには心当たりは
無かった様ですが、調べて頂いた様で折り返し
電話を頂き、ヨツユビハリネズミの写真が載った
ポスターは実際にありました。
そのポスターは特定外来生物は赤い文字で種類が
書かれていて、種類証明書が必要な生き物は
オレンジ色の文字で種類が書かれているそうです。
係官の方も見間違いし易そうなポスターだと
仰ってました。

結果としてヨツユビハリネズミは現段階では
特定外来生物には指定されていないようです。
以上報告までに。
ニコ | 2013/07/23 11:41
ニコさん、すごい!!!
どうもありがとうございます。すごくスッキリしました!!
ミカたん | 2013/07/28 12:33
COMMENT









Trackback URL
http://ruskishinamon.jugem.jp/trackback/59
TRACKBACK