ロシアで暮らすことになったハリネズミ
ノン・フィクション冒険日記です
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

動物検疫所
 動物検疫所に電話して、証明書発行してもらえるか尋ねたら

「検疫を実施しない動物なので発行できない」

と、断られてしまった

どうしても検疫を通さなきゃいけないのなら
その旨を記載した依頼書をロシアから発行してもらわないといけないらしい。


困った・・・
たぶんこんなの発行してもらえないよ〜
なんで発行しなきゃいけないのよって怒られそうだし


でも、シナモンのために頑張んないと


依頼書を書いてもらえないかとロシア側に電話したら

「検疫所が指定する病院の証明書でもいいよ」
と、やんわり依頼書は発行しないよという答えが返ってきた

指定病院か。。。
そんなのあるのかなぁ、聞いたことないよぉ







にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
やっと折り返し地点
領事館のおじちゃんから
ロシア農業監視局で輸入許可書を発行すると教えてもらったので
さっそく聞いた番号に電話してみた。(おじちゃん忙しいのにありがとう

そしたらロシア農業監視局モスクワ、モスクワ州監視局 検査長サン(肩書き長い!)と、
運よく話すことができた
これはまたとないチャンス

ペットのハリネズミを連れていきたいっていうこと、
出国の日が迫っているので若干あせっているということを伝えて
どうか輸入許可を出してほしいとお願いしたら

「うん、いいよー

と、鳥居みゆき並みの軽さで許可が出た

もっとアレやコレや文句言われて
ウダウダ時間だけが無駄に過ぎていくんじゃないかと思ってたけど
こんなにあっさり・・・この人ホントに大丈夫かな

とりあえずコレで輸入許可書についてはクリア
だけど、ここにきて一変
健康証明書以外に検疫証明書を提出するよう言われたんだよね

日本は検疫実施しないのに、どうしよっかなぁ
輸出検疫所にお願いしなきゃだな。
まぁ、ロシア語じゃないからちょっと気がラク〜



いいともー
・・・ってそれ密輸じゃーん
ちゃんと書類揃えるから大丈夫だよ〜






にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
再び領事館へ
今度は肩書きありげな方と話ができた
だけど、言われたことは
「日本戻ル時ト、同ジ方法シテクダサイ」

だーかーらー
そうじゃなくて、輸入許可書発行してほしいんだってば


「ココデハナク、日本ノ動物検疫所デ聞イテクダサイ」


もぉーなんでよー
モスクワの獣医局がココで発行するもんだってゆったんじゃん
つーか、ロシアの輸入許可書なのに何で日本の検疫所よー
絶対引きさがんないよ、今日は絶対引きさがんないからねっ


「ワカリマシタ。調ベテ今度電話シマス」

よしっ!おじちゃんありがと!宜しく頼むよ


ごめんね、もうちょっとまってね。
っていうか、しーちゃん夜は回し車で遊んでるじゃん。
お昼はいつもの大股開きでグーグー寝てたよ〜







にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
ファイナルアンサー?
 獣医局の人に
「輸入の書類は在日ロシア領事館で用意するものだよ」
と言われてしまった。

・・・いや、おたくの同胞がわからないって言ったんですけど・・・

「それでも日本で用意する書類だ!」と言い張るから
また領事館いってくるか。。。
はぁーあ


はっ!シナモン様
貴女のためにワタクシ精一杯頑張るでありますっっ!!




にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
ブラックホール突入
 管轄する獣医局に電話したら
「ここは輸出書類だけですよ」と断られてしまった・・・

なんだ?なんだ?
番号教えてもらったから掛けたのに、またここも違うの?

え〜なんかもうワケわかんなくなってきたしぃ

ちょっとロシア嫌いになりそうだから
こんな時はあっちの動画でも見て夢を膨らまそう
楽しい、そうきっと楽しいことだらけ
お菓子のCMで、こんな内容流せるくらい自由な国なんだもん

よ〜し、ロシアが好きになってきたぞぉ


(ハリネズミ関係ないけど、よかったらどうぞ




にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
オバチャン

検査官(以下オバチャン)にもう一度問い合わせたら
「ココに問い合わせたらいろいろ教えてくれるわよ
と、親切に番号を教えてくれた。

掛けてみたら
「ここは輸出の書類専門だから、輸入はやってないよ」と言われた。

ちょっとオバチャァァァァァーンっっ


ココ違うじゃん!ってオバチャンに抗議したいとこだけど
ガマンガマン
怒って仲悪くなったら困るしね

輸出専門の人から別の番号を教えてもらったので掛けてみたら
「管轄があるから、住むところの獣医局にかけてください」と撃沈

これからたらい回し地獄が続きそう




にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
DME空港

モスクワには国際空港が2ヶ所あるので、
いつも問い合わせている空港とは別のところに質問してみた。

そしたら「ハリネズミ?ペットでいいんじゃない?ペットで大丈夫よ
と、なんと正反対の意見であった

国の中で統一してよ〜!!!と、おもわず叫んじゃいそうだけど
この自由さがロシアなんだよね〜

つまりは空港内検疫所で担当する検査官によって
ペットかペットでないか決まっちゃうってこと

担当者と仲良くなれば融通きかせてくれそうな気がしなくもないけど
正直そんな時間ないしなぁ・・・
週末に茶菓子持っていくような距離でもないしなぁ・・・



あー!!!ダメダメ
ズルイ事は考えちゃダメだダメだ
フィンランド航空はいつも問い合わせてる空港にしかとまんないし、
ちゃんとココは素直に輸入許可書を入手しよう

そんなまさかっ
シナモンと離れて暮らすなんて考えられないよ
もっかい検査官に問い合わせてみるね




にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
急展開
 直接、現地空港獣医局の検査官と話す機会があったので
シナモンの輸送はコレで完璧だよね?と確認をしたら・・・

意外や意外。
思いもしない言葉が出てきた

「ハリネズミはペットとして認めない」


えぇーっ!!!うっそ〜ん

ペットとして認められないとか…そんなこと考えたこともなかった
じゃぁ、ペットって何ペットってなんなのさっっ


なんかいろいろ言われたけど、
専門用語と略語が多すぎてム、ムズカシイ

とりあえずわかったことは
ペットと動物では提出する書類が異なるらしくて、
ペットでないならロシア政府の輸入許可書を発行してもらわないといけないらしい


あーぁ。いっきに振り出しに戻った気分
これで行けると思ってたのになぁ


ケージ
フィンランド航空のペット持ち込み客は一番後ろの座席。
飛行中ペットは座席の下へ。
もちろん食事を与えたり、ケージから出してはいけないというのが決まり

ま、日本お昼の出発だからシナモンはオヤスミタイムだね


さっそく機内持ち込み用のケージを購入しました。
早めに買って、匂いや寝心地に慣れてもらわないとね

多くの航空会社で利用されてるバリケンネルがよかったんだけど
持ち込みには大きすぎて座席の下に入んないんだよね〜

だから今回はケンネルキャブというバリケンの少し小さいバージョンを選びました




シナモン、向こうのオトモダチは何だか強そうだよ





にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
フィンランド航空
 フィンランド航空より

「ペットであれば機内持ち込みできますよ」

まじでっっやった
よかったホントよかったよぉ

まったくわかんないトコから始めたけどかなり前進したわ
ロシアまであとちょっとだね



シナモンはロシアのなかまとかくれんぼ




シナモン、こっちこっち、こっちだよ〜







にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村